Mind Circus

雑記

カテゴリ:朝日、ABC系 > 科捜研の女

《1999年10月〜12月》

 一番最初のシリーズの再放送を何回もやってるので、地デジの画面で見直して見た。沢口靖子、伊藤裕子らと渡辺いっけい、小林稔侍、一路麻希らがやり合うなど、コメディー調で今のストーリーとはかなり違った。それに比べると近年のは洗練された感じかな。
私は、最近の話しか知らないからキャラの違いに驚いた。毎回、マリコが暴走し、下手をするとただの危ない人キャラに笑った。
まあ、最初は相棒の右京さんも変人キャラだったからおあいこか(苦笑)

 

《1話》

 序盤からマリコ(沢口)がゴミに顔を突っ込んだり、誤認逮捕されるなど。ゴミ漁りは証拠を見つけるためだったのに、現場の刑事(小林隆)に止められ、科捜研の人だと思われてないのが笑える。
マリコは、若手の巡査部長である城丸準子(伊藤裕子)の彼氏の話で盛り上がり、彼氏の元妻は「仕事は出来たけど、嫉妬深くて、ご飯も炊けない」などと食堂で語り合い、仲良くなりそうだったのに、
城丸の彼氏こと、倉橋卓也(渡辺)の元妻とはマリコ自身のことだと分かり、怒ったマリコは倉橋を平手打ちする。

 ドラマでは、渡辺いっけいがイケメン扱いされていた笑った。まあ、女から見てのイケメンとか、役の上でのだから仕方ないけど。

《2話》

 マリコがいきなり車の前に飛び出し、監察医の先生らが乗った車を停め、先生は持っていたコーヒーを溢してしまう。現場でも暴走し、木場(小林)にたしなめられる場面も。そんな木場のことを妻に逃げられた男だと勝手に思っていたマリコは、木場の妻が病気で亡くなったことを知らされる。
ラストは魚の定食を食べている最中に呼び出しがあり、財布がないと鞄の中を漁るマリコ。似たような描写は檀れいの「福家警部補の挨拶」でもあったな。

 上品に魚を食べる沢口に対して、豪快にパクつく稔侍の対比が面白かった。

《3話》

 産婦人科から出てきた城丸。本当は生理不順だったのにも関わらず、「妊娠した」とマリコをからかう。真に受けたマリコは朝からカリカリし、機嫌が悪い。
一方、弁当を持参している榎戸をからかう所員ら。その流れでマリコのことを「生活に潤いがない」と影口叩くが、ちょうど出社して来たマリコに聞かれていた。「生活に潤いがない」って台詞は後のシリーズにもあった気がする。

 古場さんは言葉で引っかける、マリコらは証拠捏造するなど後のシリーズだとあり得ない展開に。
 
 

《5、6話》

 荒れ模様で天気が悪かった日があり、2話ほど見逃したが、こんなときはビデオ録画しとくべきだった。一番いい回を見てないので、最終回と話が繋がらず消化不良になっていたが、またまた再放送があり、見逃した回を見ることが出来た。
5話は、前田耕陽が爆弾魔の役。科捜研内に爆弾が仕掛けられているのに、小競り合いを始める脚本が良かった。6話の犯人は遠山俊也だが、「先輩を慕う後輩キャラ」は第3シリーズにもあったので工夫が足りないなと。

 

《8、9話》

 田中美奈子がラスボス的な役で出てくるなど、まだ何か火曜サスペンスのノリなのかなと。木場さんが刑事から降格した上に、ラストでは退職してしまう。7話やその後に見てない回があるために、いまいち話が掴めず。

 

※2008年の記事に大幅に追加文を加えた

 地デジ移行が遅かった私はまだこの時代でもブラウン管サイズ、若しくはワンセグの小さな画面でドラマを見ていたため、綺麗な画面で見直すと出演者達の歯の汚さ、差し歯の場所が分かってしまうなど新たな発見が。
二転三転する話の展開もいいし、刑事・探偵モノ好きとしては、衣服などについた繊維から新たな証拠を見付ける展開がいいなと思った。ただ、沢口靖子の劣化ぶりに驚いたが。

 夏場の再放送を録画したが、BS朝日のスタッフが間違えたのか、途中、このシリーズの3話と他のシリーズの3話が入れ代わっていた。しっかりしろよ。

 

「真夜中の大爆発! 狙われた京都サミット!! SPがSPを射殺!? 疑惑のテロリスト銃撃戦…監禁されたマリコ」

 まだ半年のキャリアの浅い要人警護の女SP(黒谷友香)がいることを利用し、どさくさ紛れて犯人を射殺してしまう話。載寧龍二と見せかけて、鶴見辰吾が犯人だとそのまますぎる気もするが、まあスペシャルだとこんなもんかなと。

 

《1話》

 佐藤仁美はホテルに言いがかりをつけるクレーマーの役にピッタリ合ってるなと思った。犯人は外部犯かと思わせておいて、ホテル内部にいるって脚本だった。

 

《5話》

 新キャラの風岡先生(若村真由美)の旦那が行方不明になっており、遺体が見つかった話。

 

《6話》

 水橋研二が無職の引きこもりを演じ、「たまたま遅く生まれただけで楽に就職しやがって」みたいな社会への逆恨みの台詞を吐くのだが、氷河期の世代なら一度は思ったことあるのではないだろうか?
私もバブルを経験出来ず、ちょうど氷河期の真っ只中を過ごし、下の世代は小泉政権時代の団塊の補充の就職してたからね。

 水橋はこんな役多いな。

 

《8話》

 笠原秀幸はチンピラ顔なので、視聴者が犯人かとミスリードする役にピッタリ。

 

《9話》

 態度の悪い残念な人こと、戸次重幸と柄の悪い保阪尚希がチンピラ警官って役に合ってるな。

《1話》

 鈴木杏樹、大沢樹生、大浦龍宇一って何気に豪華なキャストの回だった。

 

《2話》

 山崎裕太は昔のシリーズにヤンキーの役で出てたが、今回は寺の坊さんの息子役で再登場していた。

 

《3話》

 ルイルイ(太川陽介)と北原佐和子が兄弟役で、どちらかが犯人かと思いきや、ワンシーンだけ出ていた円城寺あやが犯人って何か展開読めた。円城寺を近所のオバチャン役でワンシーンだけ使う訳ないなと。

 

《4話》

 低気圧が接近すると音が良く聴こえるってのは参考になった。確かに、次の日が雨だと、電車の音が聴こえてくるってのあるから。
この回は三浦理恵子が犯人で、急に眼鏡からコンタクトにするなど話自体は露骨な回ではあれど。

 

《9話》

 小日向文世が危ない役って、このパターンは「9係」など他のドラマでもあったなと。

シーズン11 《2011年10月〜2012年3月》

 まずスペシャル版でマリコの父で所長である榊伊知郎(小野武彦)がいなくなり、これにより、日野(斎藤暁)が科捜研の所長に。たまに出る「マーちゃん」が聞けなくなっちゃった。
さらに対立していた父が余命一年となったものの、過去の出来事から父に会うことを躊躇っていた乾(泉政行)だが、マリコに諭され、父のために仕事を辞めた。乾の設定は今の宇佐見(風間トオル)とも被るな。

 変わりはゆとり世代丸出しのいい加減な相馬君(長田成哉)だが、まだ役に慣れていない気がする。
日野役の斉藤は福島のおっちゃんなので、「そうま君」って言い方が訛ってる。

 

シーズン13 《2013年10月〜12月》

 急に話が始まるし、CM飛ばすと42分くらいしかない回が多く、変だなと思い、検索してみたら、19時58分スタートになったのに、テレ朝(関東)以外の一部の地域では20時から始まるため、最初の2分が見られないのか…。地上波で見るのやめよ。
今後は、BSでの放送を待つわ。初期のマリコは城丸(伊藤裕子)らと対立するような暴走オバサンキャラだったのに、最近のは真面目でつまらんし。変人キャラ担当は相馬君だね。
吉崎(奥田恵梨華)の代わりに入ったネカフェ難民のパソコンオタクの涌田(山本ひかる)が「キタコレ!」って言ってたけど、数年前に2ちゃんねるで騒がれてた子だよね。

 2010年に地デジ化した時、色々と見る番組が増えたのと、地上波とBSで何回も再放送するためにいつしか見なくなった作品。アメドラのパクリと思われがちだが、実はこのシリーズの方が早いなんてさすがだよね。
何年も見てなかったので、いつの間にかマリコの父(小野武彦)、土門の妹である美貴(加藤貴子)、乾(泉政行)らがいなくなっていた。変わりに今の若者丸出しの相馬(長田成哉)らが入っていた。相馬の空気の読めなさは初期のマリコを彷彿させるな。
このシリーズでは、過去にゲストキャラとして出ていた人が後にレギュラー入りしてるが、今回のそのポジションは風間トオルか。

 今回は「太陽にほえろ」なみの殉職シーンがあり、部下を亡くした土門(内藤剛志)の演技がいつも以上に気合い入っていた。まあ、適度な殉職やメンバーチェンジがないと飽きてくるからね。

《2001年11月1日〜12月20日》

 主人公の元旦那・倉橋が再登場したが、倉橋の恋人役は城丸ではなく、山本未来に。
となれば、倉橋は第1シリーズで左遷されたときに城丸と別れたことになるのかな?

 また、事件解決後にマリコは千葉の科警研に移動に。

 

※記事を統一

このページのトップヘ